クレアチンの効果について知っておきましょう!

 

 

クレアチンの効果!筋トレする際に必須です

クレアチンの効果と筋トレする際に必須!

 

筋トレのサポートをしてくれるクレアチンの気になる効果や効率の良い飲み方を紹介します

 

クレアチンの効果って?
そもそもクレアチンとは、たんぱく質の一種になります。

 

筋肉の中でエネルギーを貯蔵していて、筋肉強度の高い運動をする際に
働いて力を発揮しやすくする成分になります。

 

他にもクレアチンは筋力の持続時間や太くするのにも効果的と言われています

 

肉や魚で摂取することが可能ですが、とても量が少ないので
食事で摂取するのは難しいです。

 

このクレアチンの効果を証明するデータとして、
近年のオリンピック出場者の約8割がクレアチンを摂取していると言われ、
プロスポーツ選手やアマチュア選手も含め、スポーツ界では大注目の成分なんです。

 

クレアチン筋トレって?

 

クレアチンの特徴

クレアチンの特徴を効果とともに解説していきます!

 

クレアチンの効果の特徴として、即効性があります。

 

クレアチンはエネルギー源として働く時間がとても早いです。
なので、飲んでトレーニングをすると、腕立ての回数が増えたり、
疲労が溜まる時間が、遅くなったりといった効果を感じることが出来ます

 

なので、筋トレ前に飲むのが、もっとも効果的な飲み方と言えます。

 

筋力UP

 

クレアチンはプロテインとは違い、エネルギーを作り、筋力増加の作用があります。
いつもよりも筋トレの回数や時間が伸ばせるので、筋力UPしやすくなるんです

 

 

筋肉量UP

 

もちろんクレアチンだけで筋肉量がUPするわけではありませんが、
筋トレ時にエネルギーが効果よく伝わるので、筋トレの効果を最大限まで伸ばすことが可能です。

 

 

ちなみにクレアチンは脳や神経にも働きかけます。
すぐに使えるエネルギーは、脳や神経細胞の代謝にも影響を与え、
記憶能力や精神の疲労にも効果があると言われています。

 

 

クレアチンの摂取量って?

クレアチンの摂取量は1日3〜5gと言われています。
薬ではなくサプリなので副作用を気にすることはありませんが、
それでも摂取し過ぎると、内臓に負担を与えますので、
用量はきちんと守りましょう。

 

またクレアチンを飲む際は、水を多めに飲むことを意識してください。

 

クレアチンで筋肉をつける

 

クレアチンはインスリンの働きによって、細胞内に吸収されますので、
インスリンが分泌される糖質と一緒に摂取すると効果的です。

 

また飲むタイミングですが、トレーニング前でも後でも構いません。

 

食べ物から大量に摂取するのは、難しいクレアチンですが、
サプリなら手軽にいつでも摂取できるので、筋トレで筋肉をつけたい方は、
持ち運びも便利なクレアチンサプリをオススメします。